お気に入りの絵本
神戸店スタッフ リネン

2020-11-01 19:52

いつのまにか本や雑誌が増えていくので、本棚に入りきらなくなると整理をするようにしています。

絵本はもう読まなくなっていますが、思い入れもあり、本棚にあるままです。

 

子どもたちが小さい頃、我が家で読み聞かせをたくさんした本をご紹介させていただきます。

 

 

 

『きょうのおべんとうなんだろな』(福音館書店)

 

動物たちのいろいろなかわいくて、楽しいお弁当がでてくるので、動物の真似をしながら読むととても喜びました。

 

 

 

『じごくのそうべえ』(童心社)

 

じごくのそうべえは、落語絵本です。

関西弁の落語の独特の言い回しがおもしろく、大人が読んでも面白いです。

 

 

 

『はじめてのキャンプ』(福音館書店)

 

こちらは読み聞かせというより、自分で読めるようになってから初めて何度も読んでいた本です。

キャンプやお友達のおうちへのお泊りの前にちょっと不安なのか、だしてきては読んでいました。

 

 

どの本も何度も読んだので暗記するくらいでした。

だいぶ大きくなってしまったので読み聞かせもしなくなりましたが、子どもたちが大きくなっても心の片隅に残っていたら、うれしいなと思います。