ROOM STORY

nounours booksが会いたい人を訪ねるページです。

家のこと。部屋のこと。

ともに暮らす家族、日々のあれこれや布使い、などなど。

「room story」side A、side Bとしてお届けします。

 

 

 

 

01-side A

ハイジとペーターの家

 

 

風が冷たく感じ始めた、初秋のある日。

私たち編集部は、軽井沢へと向かいました。

目的は、ダンスコ日本総輸入元の荒井昭久さん、

ブランドディレクター・荒井博子さんご夫婦の住む「軽井沢の別荘」を訪ねること。

1990年にアメリカ・ペンシルバニア州で生まれたダンスコは、

今や日本では、ナチュラルファッションのマストアイテム。

私もフォトグラファーの大段まちこさんも、足元は「今日もダンスコ!」です。

(注 :「今日もダンスコ」は、博子さんのインスタグラムのハッシュタグになっている合言葉)

 

 

 

 

 

緑が続く道を抜け、やがて見えてきたのは、三角屋根のログハウス。

今回のタイトルは、博子さんが「アルプスの少女ハイジ」のように可愛らしい方、ということに加えて、

「ハイジに出てくるような、三角屋根のログハウスに住むのが夢でした」というエピソードから。

また、私たちを終始もてなして下さった夫・昭久さん(以下、あきさん)の、

男前&おちゃめなキャラクターから、勝手に「ペーター」と命名させていただきました(笑)。

 

 

 

 

 

二人がこの「ハイジの家」を見つけたのは、今から5年前。

神様の采配のような、偶然でした。

小学生の頃、毎年夏休みには家族で軽井沢に訪れていたあきさん。

「久しぶりに行ってみる?」

土地勘もあり、昔から好きなこの場所に向かった二人。

すると、「たまたま」停めた車の後ろに、別荘の物件広告が貼ってあったそう。

しかも、都心の一軒家やマンションとは比べ物にならないほど、リーズナブルなお値段にびっくり。

「えっ? もしかして、私たちも買える?と、にわかに盛り上がったんです」(博子さん)

(その価格は、都心を郊外に置き換えたとしても、たしかにお安い! 

わたしたちはこの日、二人が実際に広告を見たという場所にも案内していただき、その事実を確認したのでした)

 

 

 

 

そこからはもう、「欲しい!」というイキオイに。

不動産屋さんに案内された1軒めが、まさにここ「三角屋根の、ハイジの家」。

「ほかにも10軒くらい勧められたので見に行ったんですけど、

この人(博子さん)、一回“ここだ!”と決めたら、ほかは全然興味なくて、明らかに気分も乗ってなくて(笑)。

僕は一応、全部見たいタイプなんですけど」

思い出し、苦笑するあきさんの言葉に、

「私、決めるのが早いんです(笑)。あそこしかないよ!っていう感じでした」と博子さん。

そんなやりとりも微笑ましく、この家のことや、

二人の「コミュニケーションの妙」についても、もっと聞いてみたくなったのでした。

 

 

 

 

「家よりもでかいベランダが、昔から憧れでした」とは、あきさん。

購入時にあったベランダは腐りかけていたため、理想通りに広く、作り直したのだそう。

ということは、住めるまでに結構、修繕などの時間がかかったのですか?

「いえ、ダンスコを始める前はずっとアメリカ暮らしだったせいもあって、

僕らはわりと、どこでも寝泊まりできちゃうタイプなんです。

だからこの家も、最初はTVもインターネットもなかったけど、 

あまり気にせず住んでいました」(あきさん)

「キッチンも暖房もついていたし、

“最低限、暮らせなくはないよね”という感じでした」(博子さん)

違うところは認め合い、似ているところは楽しむ。

二人の暮らしがとっても楽しそうな理由は、そんなところにあるのかもしれません。

 

   

(雪の写真は、博子さん撮影によるもの)

 

出来るところは自分たちで。難しいところはプロの手で。

週末の度に通いながら、直しながら、

少しずつ、自分たち仕様の心地いい空間が整えられていきました。

「この家で過ごす、どんな時間が好きですか?」と尋ねると、返ってきたのは次の答え。

「朝、起きた時です。風が通る感じが気持ちいいので、ハイジの寝床のように、枕元の窓は大抵開けています。

起きたら外が雪で真っ白になっている、冬の景色も大好きです」(博子さん)

「中学生の頃から好きなホラー映画を観たり、プラモデルを作ったりしている時間でしょうか。

もともと都心があまり好きではなくて。自然がある場所のほうが落ち着きます」(あきさん)

 

 

 

そして二人の愛犬、ファンネルちゃん(ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグという、ポルトガル原産の犬種だそう)も、東京に帰る日は、車に乗りたがらないくらい、この家が大好き。

「自由にお散歩ができるからかもしれません」(博子さん)

 

 

 

 

二人共通のこだわりは、屋根に向かって煙突が伸びる、ドイツ製の「暖炉」。

「シアトルが暖炉のある街だったから」と、その理由を教えてくれました。

アメリカ・シアトルは、かつて二人が暮らし、「ダンスコ」と出会った運命の街です。

後編「side B」では、この日いただいた朝食の写真とともに、荒井さん夫婦の「ダンスコ物語」をご紹介します。

お楽しみに!

 

 

訪ねた方

荒井昭久・荒井博子

2008年より、アメリカ・ペンシルバニア州で生まれたコンフォートシューズ「ダンスコ」の日本総輸入元の運営をスタート。

ブランドディレクターの博子さんは、シンプルで上質なファッションセンスでも人気。

http://www.dansko.jp/index.html

CHECK&STRIPE ONLINE SHOP「11月の新しい布」の左メニュー「ダンスコ」で商品の一部をご紹介しています。是非ご覧ください。

 

撮影/大段まちこ 文/井尾淳子

 

 

 

バックナンバー
05 side b 遠藤カホリさん
05 side a 遠藤カホリさん
04 side b C&Sスタッフ めがね
04 side a C&Sスタッフ めがね
03 side b LULU 大澤弘美さん
03 side a LULU 大澤弘美さん
 
 
 

contents