ROOM STORY

 

nounours booksが会いたい人を訪ねるページです。

家のこと。部屋のこと。

ともに暮らす家族、日々のあれこれや布使い、などなど。

「room story」side A、side Bとしてお届けします。

 

 

 

04-side A

「ぴったりの家」を探して

 

 

「まさか、こんな日が来るなんて」。そう感慨深くつぶやきながら、

わたしたち編集部員を自宅に招き入れてくださったのは、CHECK&STRIPE事務所スタッフのめがねさん。

いつも丁寧で気遣い溢れるお仕事ぶりに、じつは隠れファンもたくさん。

「一体どうしたら、こんなにスッキリぴかぴかに家を保つことができるのですか?」

一歩足を踏み入れた途端、聞きたいことが次々と沸き起こってきたほど、整ったお家。

今回は、そんなめがねさんのご自宅を紹介します。

 

 

 

 

ご家族の海外赴任や、飼っていたペットの事情などから、長く実家でのひとり暮らしを続けていたというめがねさん。

でも、「40歳になるまでには、自分だけの家を持ちたい」という思いから一念発起。

自分にぴったり、しっくりくるように。小さなストレスなく、いつも心地よく過ごせるように。

「1年くらい前から、どこかにぴったりの家はないか、本腰を入れて探し始めました」とのこと。

「実家でも、部屋の模様替えばかりしている子ども時代を過ごしました」(めがねさん)

 

うんうん。なんとなく、想像がつきますよ!

 

 

 

 

「この家かもしれない」。

 

運命の出会いとなったのは、10件以上もの物件を見終わった頃でした。

「じつは今住んでいるこの家はおまけで、ついでに見に来たマンションだったんです」とのこと。

本命候補は、別の家だったのだそうです。

ところがひと目見た瞬間に、外観も部屋の中も、とっても気に入ってしまったというめがねさん。

美しい木々が植えられた坂の途中にあるこのマンションは、

低層階なのに、そうとは見えない窓からの眺めだったり、

自分の家専用の入り口階段もあって、隣室とも十分に離れている造りだったり。

「小さいながら、庭もあったんですよ。本命と思っていた物件は、

実際に見に行くと部屋がどことなく暗い感じがして、あれ?違うなと思いました」(めがねさん)

 

 

 

 

どの部屋も明るくて、とても静かな佇まいのこの家。

「不動産屋さんからも、“入った瞬間、お顔がぱっと変わりましたね。

ほかの物件ではなかった”と言われました(笑)」

たしかに、それまで見た家は、売れてしまったとしてもあまり残念な気持ちにはならなくて。

「でも、この家が売れてしまったら悲しい!と、初めて感じたんです」

素敵に住まう、ぴったりの家主の訪れ。

きっと家のほうだって、めがねさんのことを待ち望んでいたに違いありません。

 

 

 

 

もとは昔ながらの間取りの、3LDKだったこの家。

「前に住んでいた方も、きれいに暮らしていたんだろうなと感じました」(めがねさん)

でも、もう少し使い勝手をよくするために、和室だった部分をリビングに広げるなど、

2LDKに変更するリノベーションを行ったそうです。

「ドアは白く、ドアノブは真鍮に、細かいところも変えてもらいました」とのこと。

 

 

 

 

一般的なマンションは、リビングは南向きで明るいけれど、

外の通路に隣接した奥の部屋は、暗くなってしまう間取りが多いもの。

けれどこの家は奥の部屋も明るくて、午後の風が通っていく心地よさを感じました。

「そうなんです。なので奥の2部屋は、ひと部屋を寝室に、もうひと部屋はミシンをかける裁縫の部屋にしました」(めがねさん)。

きれいに整えられた2つの部屋。

その居心地の良さは写真からも一目瞭然ですが、

こちらの詳細について、そしてこだわりの家具については、後編「side B」で詳しくご紹介します。

お楽しみに!

 

 

Column 暮らしの中の布使い

 

 

 

普段はほとんど、自分で作った服を着ているというめがねさん。

この日のシャツは、糸が細く、目の詰まったハリ感が特徴の「CHECK&STRIPEオリジナルmy favorite cotton」で作ったそう。

「以前から定番でご紹介している“コットンパピエ”よりも糸が細く、薄手になります。カジュアルながらきれいめで大人っぽい雰囲気が出る布で、気に入っています」(めがねさん)

そして手に持っている白いシャツは、同じ生地の白で作ったもの。

「デザインは、ソーイングブック『CHECK&STRIPE お気に入りをてづくりで』(世界文化社)に登場するワンピースを短くアレンジして、

シャツに仕立てました」(めがねさん)

 

 

訪ねた方

めがね。

CHECK&STRIPE事務所スタッフ。神戸市在住。デザイン関係のディレクションを担当。リバティプリントのオリジナルの色付けや、洋服・小物・ぬいぐるみのデザイン・製作をすることも。

 

撮影/大段まちこ 文/井尾淳子

 

 

 

バックナンバー
03 side b LULU 大澤弘美さん
03 side a LULU 大澤弘美さん
 
 
 
 

contents