ROOM STORY

 

nounours books が会いたい人を訪ねるページです。

家のこと。部屋のこと。ともに暮らす家族、日々のあれこれや布使い、などなど。

「ROOM STORY」side A(今)、side B(これまで)としてお届けします。

 

 

01 - side - B

「可愛いもの」をめぐる冒険

 

建築家のパートナーの設計による新居に暮らすのは、fog linen work オーナー・関根由美子さん。

(家づくりのあれこれは、side Aをぜひ)

今回、写真はキッチンまわりを中心に。

お話は、関根さんが今の仕事に行き着くまでの、まるでわらしべ長者のような(笑)

LIFE STORYをお送りします。

 

 

これまでのroom story

 

関根さんの新居は、ムダがなくスッキリ。計算され尽くしたような美しい家。

以前から、「こういう家に住みたいな」「将来は布の仕事がしたいな」など、

暮らしの理想や憧れをもっておられたのでしょうか?

「いえ、すべてたまたま(笑)。家の理想もなかったし、仕事もじつは、“お嫁に行くまで”くらいに

しか考えてなかったんです。それも20代の頃は布の仕事ではなく、古本屋業をしていました。」

 

 

 

「お嫁に行くまで」という言葉が、関根さんから出てくるとはなんとも意外。

fog linen workの起業前は、東京・赤坂にあった洋書店「ハックルベリー」で

働いていたのだそうです。

「洋書専門店だったので、ある日“そうだ、アメリカに行って、古本を仕入れたらいいかも”と、

買い付けの旅を思いついたんです。当時はまだ、洋書で古本を扱う人は少なかったんですよね。

それで単身ニューヨークに行き。かわいい絵本や料理の本を中心に仕入れたところ、

雑誌社の人が面白がって取り上げてくださったり、料理の先生が参考に買ってくださったり」

 

当時、「コーヒーテーブル・ブックストア」と名付けられたハックルベリーは、

今の独立系書店のさきがけ的な存在でもあったのです。関根さんが発掘した古本は予想以上の反響を

受けて、広まりました。

「古本業でやっていけるかも」と思っていたその矢先。

仕入れ先のサンフランシスコで、また新たな「可愛いもの」との出会いが待っていたのです。

 

 

「泊まっていたホテルの近くに、ワイヤーのかごを売っているお店があって。

これを日本の雑貨屋さんに紹介したら、欲しい人がいるんじゃないかなぁと、

また思いついてしまったんですよね(笑)」

一冊一冊、古本を見つける旅も楽しかったけれど、

「可愛いもの」をもったくさんの人に届けたい! 

そんな思いがムクムクと沸き起こってきたといいます。

「そこから古本はもう辞めよう!と決めて、雑貨をやり始めて。

布ものは一貫として欲しいと思っていたので、リトアニアにいってリネンを作ることになって……。

という感じで、楽しいことに導かれるまま、ここまできた感じです」

 

 

はじめから、「こう」と決めたゴールがあったわけじゃなく、

目の前にある「可愛いもの」を掘り起こし続けていたら、

点と点がつながって、「今ここ」に。

 

「最近もインドの“カンタ”という、古布をリサイクルしてパッチワークにした布を75枚も買って帰ってきたんです。

それが、ものすごく可愛いくて。でもちょっと湿っていたので、朝から何度もコインランドリーに行

って、全部洗って乾かして、ひとつひとつサイズをはかって……。

店には売るほどリネンがあるのに、余計なことをしてるなぁと、自分でも思うんですけども(笑)。

きっと、古本を探していた頃と同じ気持ちなのかもしれませんね」

 

可愛いものを見ると、ひとつひとつ手にとって、掘り起こさずにはいられない。

 

そして、誰かの元に届けずにはいられない。

関根さんのroom storyには、そんな小さな冒険がたくさん

詰まっているようでした。

 

 

 

Column 01

暮らしの中の布使い

 

 

キッチンクロスを縫い合わせて作ったというカーテン。

今は、ゲストルーム内のバスルームで使用。使っていないキッチンクロスが余っていたら、

ぜひ採用したいアイデイア!

 

Column 02

暮らしのフック  

 

 

パントリースペースには、作り付けの食器棚。

並べた時に白っぽく見えるのが好きで、白や無地の器が自然に集まったそう。

 

 

調味料などを乗せている鉄製のキャスター。

天板部分は、なんと工務店で譲ってもらったという、工事現場用の足場!

「友人の家具作りのアーティストにお願いしました。足場のフックを利用して、鉄の足をつけてもら

ったんです」(関根さん)

 

 

たずねた方

関根由美子さん

 

東京・下北沢にある生活雑貨店「fog linen work」オーナー。

1999年のオープン以来、リトアニアのリネンを使ったオリジナル商品を中心に企画、販売。

南インドのファッションブランド「miiThaaii」を立ち上げるなど、活動は多岐にわたる。

 

 

ONLINE SHOPの「11月の新しい布」で、fog linen workの商品をご紹介しています。

「11月の新しい布」のページの左メニューより、是非ご覧ください。

 

 

撮影/大段まちこ 文/井尾淳子

 

 

 

contents