ピアノ
事務所スタッフ めがね

2020-11-06 17:00

駅から会社までの道に、「ストリートピアノ」があります。

 

 

ほぼいつもどなたかが弾いていて、弾いている人はプロ級の腕前の方から初心者っぽい方まで様々。

いろいろなメロディーが聴けて楽しく、誰も弾いていない時は少しさみしく感じるようになりました。

 

 

自分自身も長い間ピアノを習っていたので、ピアノにはとても親近感があります。

今の家に引っ越す際、ピアノは手放してしまったのですが、毎日のようにふつふつとピアノが欲しい熱が湧き上がっています。

 

 

いつかまた弾きたくなるかもしれないと思い、好きな曲や大切にしていた楽譜はとってあります。

 

こちらはショパンの「即興曲集」、「練習曲集」、「ポロネーズ集」。

 

 

デザインも素敵です◎

 

 

何年もピアノから離れているので、弾ける機会がやってきたら、ブルグミュラーの「25の練習曲」やシューマンの「子供の情景」などを弾きたいなと思っています。

 

 

 

 

ピアノ熱が高まっている理由のもう一つはこちら。

 

 

最近読み返している漫画、『のだめカンタービレ』(講談社)です。

全23巻+番外編2巻で計25冊。

毎日1巻ずつ読んで、約1ヶ月。

ドラマにも映画にもなっているので大変有名な漫画ですが、本当に笑えて泣けるクラシック漫画で、もう何度も読み返しています。

 

 

今は心の中でピアノを弾く毎日です。