staff sewing

 

CHECK&STRIPEのパターンや本から、

各店舗のスタッフが製作したお気に入りの1枚のこだわりポイントや着こなし方などを紹介します。

合わせ方次第で、着こなし方はさまざま。

スタッフみんなのワードローブをお楽しみください!

 

 

 

1 後ろさがりのプルオーバー

 

 

minä perhonenの皆川明さんがデザインしてくださった「dot diamond stripe brown 」で『CHECK&STRIPE お気に入りをてづくりで』(世界文化社)の後ろさがりのプルオーバーを作りました。

基本的に7分袖が好きなので、袖は『CHECK&STRIPE てづくりのシンプルスタイル』(世界文化社)の丸衿のワンピースのパターンを参考につけています。

 

 

衿元のVの開きは1cm上にあげて、着丈は前身頃を+42cmし、ワンピースなので後ろ身頃も前身頃に合わせてフラットに仕上げています。

着丈を112cmと長めにして作り、共布のリボン(2㎝幅170cm)を巻いてブラウジングすることでまた違った表情を楽しめるようにしました。

大きなドットのデザインですが、ブラウンの色合いが落ち着いていて大人っぽく着こなせると思います。(fabric&things(芦屋)勤務・156cm)

 

minä perhonenの皆川明さんがデザインしてくださったminä perhonen design for CHECK&STRIPEの刺しゅう生地『field of flower』、プリント生地『dot diamond』は、1月24日より、CHECK&STRIPE各店で販売しております。

 

 

 

2 スッキパーワンピースのアレンジ

 

 

春先に向けてリネンのトップスを縫いたくなり、衿元のデザインが気に入っている『CHECK&STRIPE SEW HAPPY』(世界文化社)のスキッパーワンピースをブラウスにアレンジして作ってみました。

布はC&Sやさしいリネンのマッシュルームです。

着丈は前が75cm、後ろが80cmになるよう調節し、カーブをつけてシャツテールにしました。

 

肌寒いころから着られるように、袖のパターンも15cm伸ばしています。

ブラウスが甘めのイメージなので、メンズっぽいアイテムを組み合わせてコーディネートしました。

 

 

ベージュ系は顔映りが心配ですが、マッシュルームは白寄りの明るい色なので気にならず、春らしくやわらかい雰囲気が出せるのでおすすめのカラーです。(fabric&things(芦屋)勤務・167cm)

 

 

 

3 マキシ丈のサーキュラースカート

 

 

C&Sコットンパピエ ホワイトで、おまけレシピの「マキシ丈のサーキュラースカート」を作りました。

C&Sコットンパピエは薄手の生地なのにほどよい張り感があり、サーキュラースカートのドレープがとてもきれいに出ます。

 

 

巻ロックで裾の始末をしたことで、軽やかな仕上がりになったのもお気に入りです。

モノトーンの色合わせに、赤いバッグを差し色で使いました。(fabric&thing(芦屋)勤務・162cm)

 

 

 

4 後ろギャザーのエプロンワンピース

 

 

C&SナチュラルコットンHOLIDAYのキャラメルブラウンで『CHECK&STRIPE SEW HAPPY』(世界文化社)の後ろギャザーのエプロンワンピースを作りました。

キャラメルブラウンの色が気に入って、本の通りに張りのあるHOLIDAYを選びました。

後ろにたっぷりのギャザーが入っていて、横から見るとふんわりとしたシルエットになるところが気に入っています。

 

 

エプロンワンピースは存在感あるので、白のカットソーに合わせてシンプルな着こなしにしました。

エプロンとしても使えて、ストールや小物を組み合わせておでかけ着としても楽しめます。

インナーを変えれば色々な季節に着まわせそうです。(fabric&thing(芦屋)勤務・164cm)

 

 

 

バックナンバー
04
03
02
01
 
 
 

contents