ROOM STORY IN PARIS

nounours booksが会いたい人を訪ねるページです。

家のこと。部屋のこと。

ともに暮らす家族、日々のあれこれや布使い、などなど。

私たちは昨年11月にパリにお住まいの遠藤カホリさんを訪ねました。

「room story」side A、side Bとしてお届けします。

 

 

 

 

01-side B

「みなさんもどうぞ!」の食堂から

「まさに、あのお部屋に暮らす人のお店と料理だ!」

瞬時にそう感じたのは、パリ11区にある小さな食堂『Le Petit Keller(ル・プチ・ケレール)』。

有機(Bio)食材や野菜、穀類などを中心としたメニューが人気のお店です。

1940年台から存在するこのお店は、代々オーナーが交代しても店名はずっと同じ。

“ケレール通りの小さな食堂”という意味合いなのだそうです。

side Aでは、この店のオーナーシェフ・遠藤カホリさんのご自宅を訪ねました。

 

 

 

 

赤や緑のテーブルに、ブルーの壁、黄色いタイルのキッチン。

そして中央には、螺旋階段のある古いお店。

ここは、「パリの下町にある、通いたいビストロ」として、

カホリさんが心の中でずっとイメージしていた食堂です。

 

 

 

写真上   本日のベジタリアンプレート(17€) はランチタイムの看板メニュー。

写真下   マッシュルームのコンフィと小豆のフムスは各6€

 

そば、シャンピニオン、小豆。

有機(vio)食材や野菜、穀類をたっぷり使ったメニューは、

カホリさんの家で感じた空気と同じ。

いろいろな素材の味が際立ちながらも、すべてが混ざり合って調和して、

そのはじめて味わう美味しさは、今もイキイキと蘇ってくるほど。

フランスの家庭料理がベースであっても、

中華のような、和食のような、ジャンルもスタイルも、とにかく自由そのもの!

 

 

 

写真上   BIOサーモンの刺身丼(16€) *煮卵付きは+2€50 丼ものはランチタイムのみ

写真下   赤いフルーツのパブロヴァ(9€)

 

 

 

軽井沢生まれの軽井沢育ち。

新鮮な野菜や果物、乳製品などの食材に恵まれて、

たくさんの有名レストランが軒を連ねるこの土地。

カホリさんは14歳の時から、軽井沢にある大きなホテルや高級イタリア料理店など、

いろいろなレストランで働いてきたのだとか。

高校生の時には、ご両親がテニス仲間というご縁から、

画家・料理家の玉村豊男さんのワイナリーで泊まり込みで働き、野菜作りなども教わったそう。

 

 

 

 

高校卒業後は、イギリスへ2年間留学したカホリさん。

旅先で訪れたパリではたくさんの美味しいものに出会い、パリに魅せられ移住。

23歳で結婚、出産。子ども育てながら、食まわりのライターや翻訳の仕事を経て、

30歳で料理の仕事をはじめました。

 

 

 

写真は、ローズマリーシロップのレモネード(6€)

 

 

パリで料理の仕事をはじめたきっかけは、「ローズベーカリー」との出会い。

ロンドンでの取材した際、「厨房に入ってみたい」というカホリさんに、

「パリの新しい店のシェフにならないか」と声がかかりました。

「家庭料理のよさを尊重しているお店だったので、

きっと、シェフ然としていないところがよかったのかもしれませんね」(カホリさん)

ローズベーカリーで3年勤務したころ、

パリで有名なナイトクラブ「ル バロン」などを経営しているオーナーからの依頼で、

「nanashi(ナナシ)」というカンティーニ(食堂)の立ち上げから参加することに。

シェフとして6年間関わったカホリさんは、「nanashi」を育てあげました。

 

 

 

 

そして2016年。

自宅アパルトマンに近いKeller通りに小さな物件を発見。

カホリさんは、「nanashi」の時から一緒に歩んできたスタッフと一緒に、

自分のお店をもつに至りました。

ここ「ル・プチ・ケレール」は、

お昼は、さっと一品食べることができて、

夜はビストロとして楽しめるお店。

毎日オープンしてすぐに、地元のお客さんであっという間に満席になります。

 

 

 

 

「こんなお店が近所にあれば、毎日のように通うだろうなぁ」

そう思うほど、幸せな発見があるカホリさんの食堂。

小さい子ども連れのお客さんも、年配のお客さんも、

白人の人も黒人の人もイスラムの人も、

老若男女、いろいろな肌の色の人が集まって調和して、

思い思いに美味しい・楽しい、自由な時間を過ごしていました。

「みなさんも、どうぞ!」と聴こえるパリの下町の食堂で。

カホリさんは今日も厨房で、キビキビと働いています。

 

 

 

13 rue Keller

75011 Paris

tel. 01 43 55 90 54

営業時間:10時30分~22時30分(オーダーストップ)

定休日:日月曜

 

訪ねた方

遠藤カホリさん

軽井沢生まれ。1995年よりパリ在住。「ローズベーカリー」「ナナシ」のシェフを経て、2016年にオーナーシェフとしてレストラン「ル・プチ・ケレール」をパリ11区にオープン。フランス語の著書に『Une Japonaise à Paris』『Japon, Cuisine intime et gourmande』『Les Bento de Nanashi』、日本語の著書には『NanashiのBENTO』(アノニマ・スタジオ)がある。

 

 

撮影/大段まちこ 文/ヌーヌーブックス編集部、井尾淳子

 

 

 

バックナンバー
05 side a 遠藤カホリさん
04 side b C&Sスタッフ めがね
04 side a C&Sスタッフ めがね
03 side b LULU 大澤弘美さん
03 side a LULU 大澤弘美さん
 
 
 
 

contents