KOBE'S BAKERY-HOPPING

 

 

伝統的なお店から、ニューオープンのお店まで。

CHECK&STRIPEの本拠地・神戸には、美味しくて個性的で、毎日通いたくなるパン屋さんがたくさん。

神戸開港の翌年(1868年)にはパンの店があったといわれるほど、その歴史は古いのです。

さて、タイトルのお話についても少しだけ。

「Hopping」には、「お店を巡る」という意味もあるそうですよ。

「パンのまち・神戸」に訪れた際には、ぜひ巡っていただきたい、

そんな編集部厳選のお店を全5回にわたってご案内します。

 

 

02  店も店主も88歳! 老舗「フロイン堂」

 

 

 

 

 

2回目は、神戸・阪急岡本駅近くの「フロイン堂」を紹介します。

今回、「掲載は2020年10月15日にしましょう!」と、編集部では満場一致となりました。

理由は、二代目店主(通称「お父さん」)竹内善之さんの、88歳のお誕生日だからです!

記念すべき米寿のお誕生日によせて、

nounours booksより敬意を込めて、この記事を贈りたいと思います。

 

 

 

 

「パン生地を手で捏ねること」「生地はレンガの窯で焼くこと」

2つの製法のこだわりは、昭和7年の創業から今日に至るまで変わりません。

1日に焼ける食パンは、60本。

お父さんは今日も変わらず、小麦後だけで30kg近くもあるという生地を45分もかけて、

全身を使いながら手で捏ねていきます。

「農作物の自然のありようを思うと、やはり機械で練るよりも、手で捏ねるのが“まっとう”ではないかな、と思います。

粉、水、砂糖、塩、イースト。それらを手で捏ねていくと、

生地が出来上がっていく過程が、五感を通じてわかるんです」

 


 

 

お父さんの言葉を借りるなら、「手はいちばん繊細で、正確な“センサー”」

一度は機械化の検討もしたけれど、効率は良くても、生地も味も、どうも納得がいかなくて。

やはり、パンの原点「手捏ね」に戻ることを決めたのだそう。

「パンに限らずですが、ラクする方を選んではいけませんね。

こっちが一生懸命になると、パン生地も一生懸命、立派に、美味しくなろうとしますから」

 

 

 

もう一つ、大切なこだわりの「生地をレンガを焼く」という工程も、

機械任せで短時間で、というわけにはいきません。

戦中、戦後に作られた一層式のレンガ窯で温度を調節し、

父・先代から受け継いだ鉄製の型に入れて、じっくりと焼き上げていきます。

(この型は、いまではもう手に入らない貴重なものなのだそう)

レンガが蓄えた熱でパンを焼くと、余計な水分が飛び、本来持っている旨味が引き出されるのだとか。

 

 

 

「パンを焼く際には、「逃せないポイント、タイミングがある」のだそう。

だからお父さんはつねに、厨房奥にある窯につきっきり。

やがてパンの耳にきれいな焼色がついたら、「美味しくなったよ」のサインです。

昼12時から焼き始めた食パンが店頭に並ぶのは、午後2時頃。

そのタイミングに合わせて買いに来るお客さんも多く、ゲットできたらラッキー。

夕方には、売り切れてしまうそうです。

 

 

 

看板メニューの食パンは、1本840円 (税込み)。

(1/2 税込み¥420 1/3 税込み¥280 )*写真は1/3 

「レンガ窯で焼いたパンはお腹に入っても軽く、もたれません」(お父さん)

 

 

 

パンを焼き終わったあと、同じレンガ窯で焼くおやつも人気商品です。

写真左 ビスケット5枚入り(税込¥350)写真右 バターケーキ小(税込¥590)

 

 

 

今でこそ、長く培われた熟練の技で「大事なポイント」を見誤ることはないけれど、

かつてはお父さんも、具材の量や配分を間違えてしまうことがあったそう。

「お客さんに、怒られたことがありますよ。うちのお客さんの中には、4世代にわたって毎日食べて下さる方もいて、

ちょっとした味の変化もわかるそうです。だから、味にうそはつけません」

 

 

 

 

「この店のパンを食べ続けてきたお客さんのことを、ちょっとは考えたらどうや」

お父さんが「フロイン堂」の跡を次ぐ決意を固めたのも、じつは「お客さんに怒られたこと」がきっかけだったそう。

パン屋さんになる前は、会社勤めだったお父さん。

先代のお葬式の場で、常連のお客さんから言われた厳しく、でも愛ある小言が、

お父さんを本気にさせたのでした。

 

 

 

「手を抜かないよう、いつも見といてもらわんと」

厨房の片隅に飾られている先代の写真は、

最近パンづくりに興味を持ち始めたという未来の4代目、

大学生のお孫さんとお父さんとのやりとりと

美味しいパンの完成を、今日も優しく見守っています。

 

 

 

フロイン堂

兵庫県神戸市東灘区岡本1ー11ー23

078-411-6686

営業時間:9:00~18:00

定休日:第1・3水曜/日曜・祝日

 

写真·大段まちこ 構成・文·井尾淳子

 

 

 

バックナンバー

01 フロインドリーブ

 

 

 

contents