everyday smile food

 

たまちゃんのお弁当・常備菜・保存食

 

ふつうのごはんがいちばんおいしい。

“たまちゃん”こと、たくまたまえさんはそう言います。

でも、ふつうのごはんこそ、おいしくするには魔法が必要。

旬のものであること。特別な材料は使わないこと。

“シャキシャキ”“ふんわり”“カリカリ”と、素材に合った食感を出すこと。

甘辛・しょっぱい・酸っぱいと、味付けの違いを楽しめること。

毎日毎日うれしく楽しくおいしくなる、

そんなたまちゃんの秘密の魔法をお届けします。

 

 

 

春の常備菜「うどのきんぴら」です。

うどって買ったことないと言う方も多いんじゃないかな。

そんな方にも作りやすいように丸ごと1本使ってきんぴらにします。

鮮度のいいうちに一気に丸ごと1本使い切ってうどの香りを楽しみましょう。

うどは、「山うど」と「軟化うど(白いうど)」の2種類が売られています。

今回は山うどを使いましたが、軟化うどでも同じように作れます。

 

材料

うど 1本

醤油 大さじ1

砂糖 小さじ2

酒  小さじ1

鷹の爪 1/2本

白ごま油 大さじ1

 

 

つくりかた

 

 

 

うどの下ごしらえ 

 根元の固いところを切り落とし、皮ごと斜め2~3ミリに斜め薄切りにします。

 切ったものから酢を少し入れた水にさらします。時間は5分くらい。

 ざるに上げて水気を切っておきます。

 穂先は食べやすい大きさに切ります。

 

 

フライパンに白ごま油、小口切りにした鷹の爪を入れ中火にかけ、熱くなったら、うどを入れ、炒めます。うどがしんなりして火が通ったら、調味料を加えて汁気がなくなるまで炒めます。

 

*日持ちは冷蔵庫で1週間ほど。

*軟化うどをお使いになる場合は、山うどより少し長めで量が多くなりますから、調味料も少し多めにしてください。

*穂先の天ぷらもおいしいから、茎だけきんぴらにして、穂先は天ぷらもオススメです。

 

さて、お弁当を作りましょう。

 

ぶりの照り焼き

菜の花のお浸し

卵焼き

厚揚げの煮物

紅芯大根の甘酢漬け

うどのきんぴら

ごはん

梅干し

 

私のお弁当は、普通のおかずが多いです。

その中に季節のものを少しプラスして詰めると楽しいです。

 

プロフィール

たくまたまえ

料理家。

旬の野菜や果物で作る保存食を販売するほか、お弁当や保存食のイベント、ワークショップを開催している。

著書「たまちゃんの保存食」(マイナビ出版)「たまちゃんの夫弁当」(主婦と生活社)

 

 

 

contents