everyday smile food

 

たまちゃんのお弁当・常備菜・保存食

 

ふつうのごはんがいちばんおいしい。

“たまちゃん”こと、たくまたまえさんはそう言います。

でも、ふつうのごはんこそ、おいしくするには魔法が必要。

旬のものであること。特別な材料は使わないこと。

“シャキシャキ”“ふんわり”“カリカリ”と、素材に合った食感を出すこと。

甘辛・しょっぱい・酸っぱいと、味付けの違いを楽しめること。

毎日毎日うれしく楽しくおいしくなる、

そんなたまちゃんの秘密の魔法をお届けします。

 

 

「春のお浸し」

気持ちのよい季節になりました。

春のお浸しを作ります。

今回はスーパーなどでも手に入りやすい、スナップえんどう、こごみ、たらの芽、空豆を使いました。

ほかに蕗、アスパラ、たけのこ、絹さやなどもおすすめです。手に入るもので作ってみましょう。

 

 

材料

 野菜

 こごみ、スナップえんどう、たらの芽、空豆 など適量

 だし 250cc  薄口醤油 大さじ2 みりん 大さじ2 塩 少々

 

つくりかた

 

 だし

  薄口醤油、みりん、塩を合わせます(浸し汁)

 

 野菜をそれぞれ下処理をします。

  スナップえんどう:筋を取り、塩ゆで冷水に取りざるにあげておく。

  こごみ:下の固い部分を切り落とし、塩ゆでし、ざるにあげる。

  たらの芽:下にある袴の部分と取り、茶色の部分も切る。塩茹でし、同様に。

  空豆:さやから出し、皮に浅く切り込みを入れ、塩ゆで。

 

茹でた野菜の水気をキッチンペーパーなどで取り、浸し汁にひたひたになるほどにつけておきます。

冷蔵庫で保管し、3時間ほどから翌日までが食べごろです。

 

春のお浸しでちらし寿司弁当を作りました。

ごはんは酢飯にひじきの煮物を混ぜ込んでちょっと手抜き(笑)。

錦糸卵をのせ、上にお浸しを彩りよくのせます。

桜大根、木の芽も飾ります。

おかずは、たけのこの煮物、芹のポン酢和え、切り干し大根の煮物。

 

プロフィール

たくまたまえ

料理家。

旬の野菜や果物で作る保存食を販売するほか、お弁当や保存食のイベント、ワークショップを開催している。

著書「たまちゃんの保存食」(マイナビ出版)「たまちゃんの夫弁当」(主婦と生活社)

 

 

 

バックナンバー

01

 

 

 

contents